池田清明
SEIMEI IKEDA




1951年 岡山県笠岡市神島に生まれる。
1974年 (22) 大阪芸術大学を卒業。
1975年 (23) 大阪府立高校に美術科教諭として採用される。
1976年 (25) 第38回一水会展に<鍛冶屋>を出品、初入選。
1978年 (27) 第40回一水会展に【放課後】を出品、佳作賞を受ける。
1981年 (30) 第43回一水会展に【若い先生】を出品、山下奨励賞を受ける。
1982年 (31) 一水会々員に推挙される。
1985年 (34) 第47回一水会展に【学生時代】を発表、会員佳作賞を受ける。
1987年 (36) 第19回日展に【セブンティーン】を出品、初入選。
1988年 (37) 第50回一水会展に【小百合】を発表、会員佳作賞を受ける。
1989年 (38) 第51回一水会展に【はたちの夏】を出品、佳作賞を受ける。
この年、一水会が改組、従来の会員は会友となる。
1991年 (40) 第53回一水会展に【バレリーナ(舞台衣裳)】を出品、
一水会賞を受ける。
第23回日展に【バレリーナ(黒いレオタード)】を出品、
特選を受賞する。
1992年 (41) 第1回小磯良平大賞展に【敦子の夏】を出品。(神戸市蔵)
一水会々員(審査員)に推挙される。
日展会友となる。
1995年 (44) この年より一水会々員改め一水会委員となる。
1996年 (45) 春風洞、大丸心斎橋店、大丸京都店、広島福屋にて、
第6回個展(巡回展)を開催する。
1998年 (47) 『池田清明画集』(六藝書房)が刊行される。
2000年 (49) 第62回一水会展に【リハーサル】を発表、文部大臣奨励賞を受ける。
第29回日展に【朝の調べ】を出品、特選を受賞する。
梅田近代美術館にて「池田清明展」(巡回展)が開催される。
大阪府高校教諭を退職する(画業に専念するため)
2001年 (50) 郷里岡山県笠岡にてワコー文化賞を受賞する。
笠岡市のワコーミュージアムにて受賞記念展が開催される。
2005年(54) 高島屋にて「池田清明展」(巡回展・大阪、名古屋、岡山、横浜)が開催される。
日展新審査員に任命される。
2006年(55) 日展会員となる。
2007年(56) 第7回21世紀展(五都美術連合会主催)に【白いマント】を出品。
2008年(57) 第8回21世紀展に【高原の夏】を出品。
日展審査員に任命される。
日本橋三越にて個展開催。
2009年(58) 第9回21世紀展に【紫陽花のドレス】を出品。
2010年(59) 鎌倉へ転居
大阪芸術大学客員准教授を辞す。
一水会常任委員に就任する。 
2016年(64) 大阪芸術大学美術科教授となる。
現 在 大阪芸術大学美術科教授、一水会常任委員、日展会員

左より長女・初絵、妻・利枝、
池田清明、次女・沙絵子、
富士山にて。




 
トップにもどる